TOP > デザイン全般を学ぶ > 鉛筆画

鉛筆画

徹夜で製作した鉛筆画

デザインを学び始めて3年目になったときに、鉛筆で模写した「高校時代のテニスシューズ」です。課題はどんなものでもいいので、模写してくることでしたが、思い入れがある方が書きやすいとのことで、高校3年間のテニス部で使用していたテニスシューズにしました。

高校時代のテニスシューズ

この鉛筆模写はa(スモールエー)をいただきました。A(ラージエー)やA+(エープラス)には届きませんでしたが、やはり、A評価はとても嬉しく思います。

いつもより上手に書くコツは「濃く描く、大きく描く、細かく描く」と教わりました。作成手順としては、大きさやイメージを把握するために、ラフで設計図的なものを描きます。

渡しの場合はその上から綺麗に細かく描いていきます。そして、1度全部消してしまいます。そのメリットはジワーッと跡が残ることと、1度描いた絵ですので2度目はもっと綺麗に描けることです。はっきりいって手間ですが、このやり方はうまく描けると思います。


次の記事     出欠確認はICカード
前の記事     CG論演習